完璧な準備でキラリと光る人材となれ!大成功する転職のカギは人事採用担当者との面接にあり! | 税理士・会計士転職支援情報メディア 転職快計(てんしょくかいけい)

完璧な準備でキラリと光る人材となれ!大成功する転職のカギは人事採用担当者との面接にあり!


転職活動において、最重要視されるのはズバリ面接といっても過言ではないでしょう。一方で、そうとはわかっていても、「面接がうまくいかない」、「自分をどのようにアピールすればいいかわからない」という人も多くいらっしゃいます。

それもそのはず、面接官は何人もの求職者と面接を行っている採用のプロです 。そして、ライバルは同じく社会人として実績と経験のある人たちなのですから、簡単にうまくいくはずがありません。

でも、基本的なポイントを押さえておけば大丈夫。あなたもきっと面接官の目にとまる「キラリと光る人材」になることができますよ。

転職活動における面接とは

一般的に転職活動においては、主に書類選考と面接という2つのステップがあります。書類選考で重要視されるのはもちろん経歴です。学歴や職務経歴から、税理士・会計士としてのスキルや経験、実績などをチェックします。

中途採用の市場では即戦力となる人物が求められるため、経歴が求める基準に満たない場合は面接に進むことができません。逆に、面接に進むことができた場合は採用の可能性が非常に高いともいえます。

面接は複数回に亘ることもありますが、常に最終選考だと考えて挑みましょう。それでは実際に、転職面接で気をつけるべき事をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

新卒就活との違い

はじめて転職する人が陥りやすい失敗のひとつに、「新卒就活の面接と同じように対応してしまう」というものがあります。同じ面接でも、新卒と転職ではさまざまな点で違いがあり、それらを知っておくことは大切です。

まず、新卒採用をする側のメリットとして、のびしろが大きいという点が挙げられます。新卒の場合、入社後じっくりとその企業に合わせた仕事のやり方や社会人としてのマナーを教育していくのが一般的です。

そのため、面接では人柄や考え方を重視されます。一方転職の面接では、その事務所にとっていかに戦力になる人物かという点がシビアに見られるのが特徴です。新卒面接ように、自分の性格的な長所や夢ばかりを語ってもほとんど意味がありません。

前職でどのような結果を出したのか、そのためにどのような 行動をしたのか、転職先ではどのような活躍ができるのか、採用することで事務所にどのようなメリットがあるのか…など、面接官は履歴書には書き切れない実績やスキルを聞きたがっているのです。つまり、のびしろではなく、現場ですぐに活躍できる人物かどうかを見極めています。

どんなスーツを着たらいいの?

新卒就活の時の服装は、リクルートスーツを着ていればまず間違いありませんでした。しかし、転職活動でリクルートスーツを着るのはおすすめしません。フレッシュな新卒だから良いのであって、社会人としては頼りない印象を与えてしまいかねないからです。

面接時のスーツとしては、実際に勤務する際に着られるようなものがベストです。派手すぎるものや、社会人としての信用を損なうような清潔感のないものも適切ではありません。事務所に来られるお客さまや訪問先の企業の方など、仕事をする上でかかわるどのような立場の方にも好印象を与えられるようなものを選びましょう。

面接の前に明確にしておくとよいこと

それでは具体的に、面接の前に明確にしておくべきことについてお話しましょう。次に紹介する3点は、転職の面接においてすべてのベースとなる事柄です。これを明確にしておけばさまざまな質問の回答に応用できますし、きちんとした軸を持って転職活動に取り組むことができるでしょう。

今回転職を決めた理由

転職を決めた理由とはつまり、転職先に何を求めているかということになります。年収アップを望んでの転職するなら前職よりも年収が高い職場を、スキルアップならそれなりの仕事を任せてもらえる職場を希望しますよね。つまり、転職を決めた理由=志望動機に繋がるのです。

これが明確になっていれば、志望動機はもちろん、今後の目標や業務での展望を語る上でも活かすことができます。

前職での経験で得た知識・スキル

先ほど「中途採用では即戦力になる人物を求めている」と述べたとおり、転職の面接で話題の中心となるのは前職で得た知識やスキルです。履歴書や職務経歴書を見ただけではわからない、実際の業務を通じて培ったあなたなりのアピールポイントをしっかりと伝える重要な場面なのです。

法人・個人のどちらを担当し、どのような規模の仕事を担当していたか、何件のお客さまを担当し、どのような評価を得ていたのか、事務所内ではどのような立場だったか…といった事柄を簡潔に話せるように準備しておきましょう。さらに、具体的な数字で話ができるともっと良いです。

自分が積んできた経験を充分アピールできるように抜かりなく準備することが転職成功への第一歩です。

転職して得たい収入

最後に、希望する収入についても明確にしておきましょう。「面接でいきなりお金の話は…」と尻込みされる人も多いかもしれませんが、面接を通過しいざ入社となってから給与条件で折り合いがつかず結局入社しなかった…という事例も少なくないのです。

転職市場では、いかに自分を売り込むかも重要です。求人情報に記載されている年収例などを目安にしながら、自分の仕事に値段をつけるつもりで希望年収を決めておきましょう。高い年収を希望すればそれだけ自信がある人だという印象を与える場合もあります。

一方で、経験のない分野にチャレンジしたいという人で、年収が下がっても挑戦したい!という人もいるでしょう。いずれにせよ、得たい収入について面接の場ではっきり伝えられるようにしておくことが不可欠です。

「何か質問はありますか?」と聞かれたら

最後に、「何か質問はありますか?」という逆質問の答え方についてお話しましょう。面接においてはお決まりの逆質問ですが、その割に事前に準備をしていない人も多いのではないでしょうか。

その場であわててしまってどうでも良い質問をしてしまったり、少し考えた結果「特にありません」と答えてしまい、「志望度が低い」、「あまりやる気が感じられない」など、マイナス評価をつけられてしまっては元も子もありません。

逆質問はいわば最後のアピールチャンスです。面接に挑む前にしっかり準備しておきましょう。ここでは効果的な逆質問の例をご紹介します。

頭の回転が際立つ逆質問

大前提として、面接中にすでに話題になった内容や、ホームページや会社情報を見ればわかる内容を聞くのは絶対にNGです。人の話を聞いていない人、充分に企業研究をしていない=やる気がない人だと判断されます。

逆質問の内容は事前に用意はしておきますが、実際に質問する内容をどれにするかは状況によって的確に判断する必要があります。頭の回転が際立つ逆質問には、大きく分けて2種類あります。

1つは「自分の良さをアピールする質問」、もう1つは「仕事への熱意をアピールする質問」です。「自分の良さをアピールする質問」とは、自分の得意分野を絡めた質問をすることです。

「今の職場では●●のような案件を中心に任せてもらっておりましたが、御社で同様の案件を担当させていただくチャンスはありますか?」

「私の長所は仕事に対して粘り強く取り組める所ですが、御社ではどのようなタイプの方が多く活躍されていますか?」

このように、自分の良さをアピールしながら仕事の内容や事務所の様子を聞ける質問ができると、入社した場合の展望まできちんと考えた上で転職活動をしている人という印象があり、とても積極的な応募者として認識されます。

2つ目の「仕事への熱意をアピールする質問」とは、質問することで志望度の高さや仕事へのやる気を伝えることのできる質問です。

「私のように別の事務所から移ってこられた方が、今現在どのように活躍されているのか教えてください。」

「御社で働くにあたって、私のこれまでの経歴で不足している点があれば勉強しておきたいのですが、何かありますでしょうか?」

このように、仕事の内容や先輩社員のこと、また自分を成長させたいという意図の質問をすることで、謙虚で且つ前向きに熱意をアピールできるだけでなく、入社後のイメージも湧きやすくなるので大変おすすめです。

おわりに

転職のカギとも言える面接。

わかってはいるものの、何に気をつけてどのような準備をすればいいのか悩んでいた方も、方向性が見えてきたのではないでしょうか。面接官は、面接の場での受け答えや人柄をチェックしているのはもちろん、この日のためにどれだけ準備をしてきたかということもしっかり見ています。

面接官にとって「キラリと光る人材」になるために、以上のポイントをきっちりと押さえて、「是非弊社へ!」という思いを持ってもらえる人物として面接に挑みましょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

あなたの会計知識、ニーズあります!財務会計スキルが年収アップ・キャリアアップにつながる転職先とは?

税理士として身につけた財務会計スキルが、税理士以外にも求められる仕事があることはをご存じでしょうか。「税理士になったら会計事務所や税理士事務所という選択しかない!」と思っている方は、自分のキャリアの幅

続きを読む

大変?高収入?英語は必須?外資系企業に転職したいなら知っておきたいこと

外資系企業と聞くとあなたはどんなイメージを思い浮かべますか?「すごくドライで仕事が厳しそう」「1,000万円以上のプレーヤーが多い」「ビジネス英語が話せなければ絶対に転職なんて無理!」このように人それ

続きを読む

ズバっとアピールできたもの勝ち!転職の成功は自分の強みを明確にできた人にしか手に入らない!?

自分のしたい仕事をゲットするため、年収を大幅にUPさせるため…転職には様々な理由があると思いますが、転職活動で重要となるのは面接です。その面接の中でも、特に重要となるのが自分で自分の強みをどう魅力的に

続きを読む

本気で転職に成功するなら!確実に人事の心を掴む「履歴書」「職務経歴書」で一気にキャリアアップしましょう!

いざ、転職しよう!と思い立ったときに「何から取り掛かればよいのか分からない」と悩んでしまう方は意外に多いものです。私が転職アドバイザーをしている時も、取り掛かりがわからず足踏みしてしまい、転職活動が進

続きを読む

人気記事一覧

新着記事一覧

起業・独立開業でお悩みの方へ!必要な準備や成功の秘訣が知りたい方はこちら!