新日本有限責任監査法人の年収・待遇・口コミ・評判の調査結果 | 税理士・会計士転職支援情報メディア 転職快計(てんしょくかいけい)

新日本有限責任監査法人の年収・待遇・口コミ・評判の調査結果


新日本有限責任監査法人は、日本の大手監査法人で「4大監査法人」の一つです。
2008年(平成20年)7月、日本で最初の有限責任監査法人となりました。

監査および保証業務をはじめ、各種アドバイザリー業務を行っています。
海外の大手会計事務所「big4」の一つ、穏健派に属するアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのメンバーファームでもあります。

「入社当時は大手監査法人の中で、いい意味で純日本企業的な、穏やかで安定した雰囲気がありました。
WINDSという女性ネットワークがあるなど、女性にもやさしいというイメージがありました。
産休育休もあり、時短制度を利用しているママさん会計士も多くいるため、女性に対する支援制度としては進んでいると思います」

女性スタッフの声です。

公認会計士をはじめ、アドバイザリーサービスに従事するプロフェッショナルや、管理系総合職を募集していますが、年収の平均は890万円となっています。
給与は約74万円で、ここ数年の年収推移は750~1,200万円となっていますが、役職やクラスレベルでかなり格差があるようです。

税理士、会計士の平均年収と比べると、税理士は717万円と若干高く、会計士は平均年収926万円と、若干低いようです。

監査スタッフで数多く求人がありますが、アドバイザリーサービスが好調なことから、財務会計、人事、リスク管理などの部門で、アドバイザリー業務を担当出来るコンサルタントの募集案件も増えています。

これ以外にも、これらのスタッフをサポートするアシスタント(事務職)や、管理部門関連(経営企画、経理財務、人事)、さらに社内SEの募集もあります。

「事務系の仕事ですが管理系総合職として採用をされています。
他も法人だと同じような業務内容だと一般職としての採用になるようなので、同じ監査法人の事務職の中では恵まれていると思います」

こんな声もあります。

ただ、どの職種も実務経験が必須で、監査・アドバイザリーは、国内外の公認会計士の資格のほか、ビジネスレベル以上の英語力も必須となります。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

税理士法人チェスターの年収・待遇・口コミ・評判の調査結果

税理士法人チェスターは、年間700件以上の相続税申告を取り扱う、相続税専門の税理士事務所です。 年間相続税の申告件数は業界でもトップクラスとなっています。 全国の資産家、富裕層、不動産オーナー等を顧

続きを読む

才和有限責任監査法人の年収・待遇・口コミ・評判の調査結果

才和有限責任監査法人は、30代を中心とする経験豊富な公認会計士を現場に赴かせ、クライアントと直接話をしながら業務について決めていきます。公認会計士とクライアントがきちんとコミュニケーションをとることで

続きを読む

株式会社ジャスネットコミュニケーションズの口コミ・評判

株式会社ジャスネットコミュニケーションズは、企業に対するサービスと、転職を考えている公認会計士に対するサービスを行っています。それぞれのサービスについて詳しく書かれているホームページがあるので、株式会

続きを読む

税理士法人浅野会計事務所の年収・待遇・口コミ・評判の調査結果

税理士法人浅野会計事務所は、名古屋・愛知を中心に、創業・独立開業を長年のノウハウでサポートしています。現在、400件ほどのクライアントにサービスを提供しており、その約半数は名古屋の企業です。経営者の夢

続きを読む

人気記事一覧

新着記事一覧

起業・独立開業でお悩みの方へ!必要な準備や成功の秘訣が知りたい方はこちら!